映画とかで、端末画面に何やら文字列が出力され続けてるのってあるじゃないですか。いかにも計算機が処理をしてる、っていうのが見て取れて好きなのですが、ちょうどいい感じに出力させ続けるって意外と難しいのですよね。コンパイルとかしてても突然終わってしまうし。

ということで、適当なファイルの内容をゆっくり出力するだけの シェルスクリプト を作成しました。

1
$ git clone https://github.com/ryecroft21/fakedump.git

とするとスクリプトおよびデータがダウンロードされるので、

1
$ cd fakedump

でディレクトリ内に移動し、

1
$ bash fakedump.sh sampledir

で実行できます。sampledirディレクトリには、適当なファイルが収められています(Rubyのコンパイルログとか)。このディレクトリ内のファイルをランダムに選んで端末画面上に出力し続けます。もちろん、任意のファイルを追加してもかまいません。永遠に出力し続けるので、終了するときは[Ctrl]+[C]で止めてください。


これは ryecroft Advent Calendar 2018 15日目の記事です。